ランキング

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★卵巣嚢腫摘出記【3】

→入院しますた(・∀・)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3/3[水]夜の、術前説明時に
「1週間の最短退院を目指しましょう(・∀・)」
やれば出来る、なせばなる!! 的な意気込みと
盛り上がりを見せてた、主治医様ですがw

提示された入院期間は2週間だったため、
ワタシ的には、術後10日くらい入院だな~と
会社に申告。退院後の回復期を含めて
お休みを戴いて参りました(;´Д`)

でも、割とこの1ヶ月は地獄…。
世の中不景気の癖に、2月から忙しかった上
仕事の引き継ぎが上手くイカンでな( ´_ゝ`)
結局、3/16までの仕事を全部
片付けてから、3/10に入院となりました。

お陰さんで、この3週間
慢性疲労症候群由来と思われる
37.3度の微熱が出っぱなしという
割と悪い塩梅で、入院日を迎える(笑)

しかも、こんな時に足の巻き爪も
化膿して膿みそうであるw

そ~んな私の間の悪さに
「何でそーなるの!」と、呆れ気味の親様に

「どうせ腹切るんだから、抗生物質とか
投与されるだろうし、向こうは化膿傷のプロ」
「ちゃんと入院中に治るよきっとw」

な~んて豪語していたら、
入院前に巻き爪落ち着いちゃったんだけどさw

それより奥さん!!
入院前日の3/9の夜は、関東地方大雪ですよ!
10~15cmも積もりやがりました((((((;゚Д゚)))))

我が家から、入院先まで
高速道路を使って、1時間40分程度。
下道使っても、小2時間の距離なのですが…。

高速道路、通行止め!

…と云うことで、
予定外の早朝に叩き起こされる(爆)

それでも3時間あれば付くだろう思ったら

病院まで5時間かかる(爆)

そう、ワタクシは
入院初日に、盛大な遅刻を
かましましたのでございますよ…_| ̄|○

でもってさ…
5時間、車にカンズメにされて
病院に着いた頃には、ヘトヘト疲労困憊。
しかも派手な遅刻登場をしたので
「雪で来られなかった患者さん」として
病棟内スタッフに存在を刻まれる有様だぜ!!

顔合わせる人みんなに
「大変でしたね~」と言われてさ。

「何かもう、病院に来るのに大変すぎて
手術終わっちゃったような、達成感ですよー」
「きっと私の腫瘍はもう消えてますね!!」
な~んて、切り返していたのですが( ´_ゝ`)

看護師1(・∀・)「ない」
看護師2(・∀・)「ない」
研修医(・∀・)「それはない!」

くっ…!!!!!
皆さん、にこやかに素晴らしい切り返しッ!!!!!!
この病院の方々は、人間が出来てるッ!!!!!!!

そして付き添いの親と引き離されて
別室に連れて行かれるワタシ。
ここで看護師さんの、再問診?確認?開始。

何故別室に
患者1人で連れて行かれると言うと
「親や旦那の前では、喫煙歴とか
妊娠出産歴をサバ読む人が居るから」
という、理由らしいのですが…
(女性心理だねぇ)

「正直に話してね!」という
真摯な眼差しの看護師さんに向かって
(しかも美人だ。たまんねー!!!!)

一語一句嘘は無いですよ?
聖書に手を乗せ、胸に手を当てて
宣誓しても構いません


仏 教 徒 だ け ど w

という、高田純次ばりの
誠意のないコトを言ってました( ´_ゝ`)

看護師さん
「やくにさんって、面白い人ですねぇ~(笑)」

よっしゃ・・・・・!!!!!
掴みはOK! 打ち解けたぜ(`・ω・´)=3

その後は至って、スムーズな
入院ライフとなりましたとさ(*´Д`)ハアハア

◆◆◆

その後は、病室に入りまして
入院手続きに署名したり、腫瘍の献体?に
同意しますかとか、署名したりetc.etc.
ペーパーワークで過ごします(笑)

私の主治医が、外来診察中のため
手術手順や入院治療の再説明は
若手のお医者さんが、代打の代打で登場(笑)

本来、主治医に付いて
私のオペに立ち会うお医者さんが
手術手順や入院治療の再説明するらしいけど
(この病院では最低3人でオペするらしい)
今日は院内に居ないのだとか…。
まっこと大学病院は忙しいのぅ(ヽ´ω`)

そして、10枚くらい書類を渡され
「今説明したことが書面になってますので
良く読んで、サインをお願いします」
「夕方~夜に、回収にきますので、それまでに」
と、戻られていきました。

そして、発見ですよw
内部資料をwww

サインをお願いと渡された紙の中に、
【この患者にはどれくらいリスクが有るか】
【どんな(悪い)経過が予想されるか】てーな
スタッフ資料みたいのが、紛れてたのだ!!
なんつーか、通信簿みたいなヤツ(笑)

それを良く読んでみると
私の手術リスクは、危険度5段階で【4】★
マジに手術向かないタイプじゃねーかwww

巨デヴだから?と、思ってみたら
その内部資料によると、単なるデヴは
【危険度1】に分類されてました…。
\(^o^)/ナンテコッタ!!!!
問題は、主治医が言ってた、血栓の方だな…。

※この通信簿を読んだ時点では
 この書類がスタッフ用のモノとは知らず
 こんな医学用語満載の怖いコト書いてある
 書類も読ませるのか~程度に思ってたのですが。
 夕方、書類を回収に来た、代打の代打先生が
 「あぁ!! 僕これまで置いて行っちゃったんだ…」
 と、仰ってたので(爆笑) 内部資料だったと発覚w

そして、入院する際に提示された書類には

ワタクシの病名は
【卵巣腫瘍】
治療は
【右付属器切除(右卵巣全摘)】
入院期間は
【2週間】

と、書かれてあったのでした(;´Д`)
よっしゃ、覚悟決め切ったッ★

もう、まな板の上のトドだぜ!

◆◆◆

この後は、剃毛プレイ+下剤(;´Д`)
翌朝浣腸とマックス・モズレーのターン!!!
本日21時より、絶飲絶食ッス。

術前によく眠れるようにと
睡眠薬も出されたんですが(;´Д`)
何せ私は、眠剤を飲んだことが無いため…
ちょっといぶかしげに錠剤を見る。

「…これ、飲まなきゃダメですか?」と
看護師さんに聞くと
「皆さん怖がられるんですよねぇ~」
「でもそれ、一番弱い導入剤だから
依存とか無いですよ~」と、朗らかに応える。


「いえ、怖いのは依存とかじゃなくて(´・ω・`)」
「私、風邪薬で死ぬ程眠くなるんです(´・ω・`)」
「風邪薬の主成分は、貴様寝て休めって
そう言う成分なんだと思うくらいに(´・ω・`)」
「明日6時から、手術の準備ですよね?(´・ω・`)」
「飲んだら起きられる気がしない…(´・ω・`)」

看護師
「起こすから! 寝てても起こすから!!!!」
「寝てられてたら困るんで、起こすから!!!!!」


「だったら面白そうなので飲んでみる(`・ω・´)」

と、同意したモノの…
外来診察が終わって、夜に巡回してきた
主治医様の術前問診の際に

主治医
「ご気分如何ですか~」


「もう、此処まで来たら
まな板の上のトドでございますよ(`・ω・´)」
「腹の中は、開けてビックリ玉手箱
丁半バクチってーな気分ですかねぇw」

主治医
「僕はビックリしたくないw」


「ですよねーw」

主治医
「あ、睡眠薬出されたんだ」


「はい」
「いい経験だから飲んでみようと思ってます」

主治医
「別に飲まなくても平気だよ」
「今日眠れなくても、明日は
術中に全身麻酔でぐっすりだしw」


ですよねーwww

・・・・・・・・( ´_ゝ`)
そろそろ主治医様と阿吽の呼吸で?!
ギャグの応酬が出来るようになってきたw

主治医
「では、明日は頑張りましょう★」
「手術の翌日から立って歩かされるよ~」
「1階別病棟のコンビニまで頑張って行こうw」


「ちょw コンビニはまだ無理でしょ…」
(マジレス)

主治医
(・∀・)ニヤニヤ

うむ、実に和やかな風景…(;´Д`)
緊張感もナニもありゃしません(;´Д`)

◆◆◆

尚、件の睡眠薬は…
今朝、大雪の影響で早くに起こされたため
夜9時にはどうしようもないほど眠くなりまして。
眠いのに睡眠薬の必要あるか~ヽ(`Д´)ノ
と、飲みませんでした(爆笑)

夜中、下剤による腹痛で目が覚めても
私自身は眠く、トイレに行くのが面倒だったため
そのまま二度寝したら

翌朝、看護師さんに
「あの下剤飲んで出なかったの?!?!!」と
驚かれた挙げ句、二度寝したことにも驚かれ


以後、入院中
ずっと、どんな事が有ろうとも

やくにさん、眠れない様なら
眠剤お出ししましょうか?
という、医師も看護師も
現れませんでしたとさ(;´Д`)

プロフィール

やくに

  • Author:やくに


  • ログイン状態

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。