ランキング

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●慢性疲労症候群+群大病院

4年ぶり位になりましょうか?
群馬大学付属病院・略して群大病院まで
車で小2時間の小旅行に行って参りましたー。

私は慢性疲労症候群としては→PS2。
ほぼ治ってる人のカテゴリになると思われますが
ヒドイ時の関節痛+筋肉痛は消え去った物の
医者様に言われて熱日誌つけたら
未だだーらだらと微熱続いてるわ★
炎症反応+赤沈コンボで出てるわ
抗核抗体も出てるわ
      +
指の腫れが結構ヒドイ有様に!!!!
…と云う事で、【膠原病】が疑われまして。

地元の病院でスクリーニング検査したけど
膠原病の抗体検査には1つも引っかからずw

その間4ヶ月、CRP値(炎症反応)が高止まり
+レントゲンやらナニやらに異常なし!!だったため
月二回、地元の病院に出張してくる群大の先生が
自分宛に紹介状書いて、群大病院に差し戻し!!!
精密検査と相成ったわけです(笑)

群大の先生の中に、発熱と不定愁訴を
研究している方が居ると云う事で、
その先生と、現主治医先生の2人体勢ですな。
何というゴージャスな体勢!! ちょっとビビルぜ!!!!!

だが、初診8時半からって…
6時起きで家出ないと間に合わないやーん!!!!
と、高速まで使って病院に到着したら
既にテンパってて、この時間から熱出した\(^o^)/

まあ…ね。
10月。鈴鹿とかJCとか観戦しまくり
会社も休まずに乗り切ったワタクシ的には
本当に体調は、回復基調だったんだ、この秋。

お陰で微熱も低く安定(37.2度以下が多い)
指の腫れも引き気味で、薬指に出来なかった
指輪が、中指で回るようになってた。

正直、こんな回復基調で
大学病院のセンセ2人がかりなんて
アテクシ身体の弱い病人ちゃん繊細なの★ミ
てーな、か弱い自分萌が発症しがちな
病気モチモチ病チックででヤダなぁ~!!と
凄い無駄な心配をしていたのですがw
長く微熱を続けてる病人が
微熱出しながらやって来るという正しい有様に。

でまあ、発熱ゆーか不明熱や
《長く続きまくる微熱》の研究をしている
先生と、45分に渡る問診と言う名の
聞き取り調査を経まして…。

つーか、通院で微熱は出しましたが
やはり「軽く絵が描ける程度」まで腫れが
退いてた指は、超酷かった時の記念写真と
鈴鹿予選の日にぶわーっと来てた時の
写真で判定して貰うしか無かったのですが。

やはり、慢性疲労症候群としては
2年前が症状のピークで、今は後退期。
緩やかに改善してる様だとの事でした(;´Д`)

だがしかーし!!
慢性疲労症候群にゃ炎症反応でないし
指も腫れたりしないからと、超緻密に
スクリーニングするため血液検査8本抜き!!
膠原病の検査もまたやるのですか…

そして、血を抜くのに50分待ちwww
その後検査結果が出るのに1時間半待ちw

病院の外のファミレスまで
てくてくご飯を歩いて食べに言った帰り…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

私が疲れを感じて来た所為か
指が、指がぶわ━━━━━━━っと!!!!!!!

午後・この日2度目の診察が始まる頃には
全指伸びもしないし、握れもしないw

午前中にあんま腫れてない状態の指を
診せていた所為で、先生もハッキリ異常認知。
病院のデジイチでバチッと記念撮影(笑)

私、膠原病やリウマチを長く診てますが
この指の腫れは、膠原病と違う!!
初めて見ます(`・ω・´)と言われちまったぜ。

血液検査結果は、相変わらずの炎症反応(笑)
抗体系は本日検査結果が出ないというので
2週間後に、結果聞きに再来院を約束し
慢性疲労症候群主治医の漢方の先生へ。
本日3度目の診療始まり~(;´Д`)

こちらは相も変わらずですな。
37.2度程度の微熱が続いて居るも
突発で37.6度超えても、ワタクシは元気で
「熱に慣れちゃって動じなく」なってるため

暑さ/汗/日差しで途端に弱る私用に
元気を補う系薬【清暑益気湯カスタム】の処方。
群大の漢方診療は、本格的なので
生薬まぜこぜして、トッピングしてくれるのだ!

で、薬貰って帰宅。
帰ったら、夜7時でしたぜ…
病院行きが何たるハードスケジュール…
俺が病人なら無理だ、この行程(おい)

◆◆◆

【慢性疲労症候群in群大感想まとめ】

●多分、大阪in倉橋先生並の事を
 期待して、慢性疲労症候群抱えて行くと
 ガックリする人は居るだろうなレベル。

●多分大阪とは研究の系統が違う。
 疲労を中心にしたアレナニでは無いと思われ。

●ただ微熱に詳しい先生と
 漢方医の先生が両輪でタッグ組んでる。
 発熱がウイルス由来か、自己免疫か等々
 検査して貰えつつ、漢方医にかかれる。

●勿論、漢方の先生達も
 慢性疲労症候群に効果があるのは漢方!!
 という知識はある。待合室にそう云う
 会報が置いて有りましたから(笑)

●だから、ちゃんと
 微熱/関節痛/病的な疲労感のフォローは効く。
 慢性疲労症候群の診断も付けられる。

●ツ●ラの粉薬だけで
 漢方出しておいたからねーにはならない。


と、云う次第で。
診てくれる先生が極小数にて
医者様ジプシーされている同病の方に
私個人的な意見を申せばですけど

「群大という選択肢はアリ」 だと思っています。

ただし、私に於いてはですが
慢性疲労症候群の診断出るまで2年半
今のようにPS2が半年間安定するまで5年です。

その間も働いてましたし、
最悪でもPS4い届くか届かないかだったし
初診の頃から炎症反応数値は出てましたから…
自分は純粋な意味での「慢性疲労症候群」と
違う有様なのでは?と、今も疑って居ますがw

取り敢えず、診断が出せて
専門的な漢方治療が出来るてーのは
有難い事なんだと思う次第で(笑)

でもな( ´_ゝ`)
ハードな診療スケジュールで
金曜日にぶわーっと来てしまった指は

未だ回復してないんだぜ★

あー、また絵が描けない生活かよ('A`)
病院での署名でも、漢字のたうち回ったよな
ヨレヨレの字になってたもんなぁ~。

プロフィール

やくに

  • Author:やくに


  • ログイン状態

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。