ランキング

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+やりそうな気がしてた+

オーストラリアGP決勝ι
ミハエルさん、壁と仲良くなる。

結構やるかもと予感してて
ミヒャ熊抱きしめながら見てました。
ミハエル的な理想ライン外し気味。
タイヤもロックしがちだった。

特に第1スティントなんて
重いタンクとかさておいてさ
何処行っても可笑しくないよな
不安定な遅さがあった…。

それでも第2スティントで
あれよあれよと息を吹き返し
バトン猛追し始めた時は
勝てなくてもコレだ! 思ったのに。

何この中折れ感_| ̄|○

いやもうホント顎電波が
懐かしく思えてきましたよ…。

取り敢えずミハエル!!
予選のチームメイトのポカと
チームのポカはこれで帳消しな!!!
3者3様のお互い様な結果でしたね。
やーれやれヽ(´ー` )ノ

さて、私が読んでいる
エッセイに、曽野綾子女史の
エッセイがあるんですが。

今週、そのエッセイの内容が
【延ばす・離れる】って
タイトルで御座いましてですね…
私はそれを読んで
『その通りだ』と、思う次第ですわ。

《以下引用》

私は昔から、自分がどうしても
耐えられなくなったら、黙って
その場から去るのが好きだった。
つまり何もかも捨てて、自分1人で
生きていく覚悟さえすれば、それほど
いやな環境からは離れる事が出来るのに、
そうしようともせず、身近な人間を
激しく恨んだり憎んだりするのは
卑怯な感じだった。

《中略》

離れるという技術も大切だ。
相手を殺すほど嫌になったら
その人が見えない所にさっさと
逃げ出す事だ。見えもせず
触れもしない相手を焼き殺したり
絞め殺したりすることは出来ない
から、場所を変え、時間を
引き延ばすだけで、事情は変わって
来る。こちらの感情も風化する。
その速度は恐ろしく速い。

《引用終わり》

うん、激しく同意だなぁ。
私も人を憎むくらいなら
自分が消えて無くなる事を選ぶ。

こちらから消えてしまえば
もう、関わる事もあまり無いし。
心の平穏は取り戻せるから。

だから職も変えがちだし、
サイト閉める閉めないの騒ぎを
巻き起こしたりしがちなのかもねι

そっか…
これは保守的な勇気なのかιι
こういう考え方の他人が居る事に
ちょっと吃驚したっすよ。

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

やくに

  • Author:やくに


  • ログイン状態

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。