ランキング

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★卵巣嚢腫摘出記【5】

→術後・1日目

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この日の話題は、事実に基づき
【出血・下血?!】及び【更に尾籠】な
美しくない話が続きますので、
記事を《追記》的に折り畳ませて戴きます。

出血・お下劣を禁忌する方は
読まずにスルーして戴く事を奨励します。

◆◆◆
スポンサーサイト
more...

★卵巣嚢腫摘出記【4.5】

→ハラキリの日・書き忘れ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そーいや、手術当日の夜
主治医様がベッドまで尋ねてきて
概要を大まかに説明して下さいました。

以下、麻酔うつら記憶から抜粋w

●手術は成功です。
 迅速診断で良性の所見だったので
 当初の予定どおりの手術となりました。
 (右の卵巣全摘)

●出血量は90cc内。ヤクルト1本分ほどw
 (血が固まりやすい恩恵ですかねぇ)
 なので、輸血は一切してません。

●お腹の傷は大きめです。
 (肉で)手が入りませんでしたm9(^Д^)

お母さん、本当に
 帰っちゃったんだw


・・・・・・・・( ´_ゝ`)
ええ、帰りましたともwww

3/3の術前説明時

母親
「付き添いは泊まることになるのかな」

「(・∀・)カエレ!!!」
「どーせ管に繋がって痛がってるだけだ」
「シロートのやる事なんて何もないぜ」
「(・∀・)カエレ!!!」
母親
「…。先生はどう思いますか?」
主治医
「えー、どちらとも言えないなぁ~」
と云う、三者会議が有った訳ですなw

そこで私が、ものくそ連発して
「(・∀・)カエレ!!! (・∀・)カエレ!!!」と言ってたことを、
主治医様はどうやら覚えてた模様…。

って、本当に帰っちゃったっんだてwww
それってもしかして居た方が良かったって事?

でも、この日のワタクシ。
色々身の回りの配線とダースベイダーが
うっとうしくて眠れない以外は、平穏。

実際母親が居たトコロで
オカンが心電図のピッピ音とかで
良く寝られずにお泊まりするだけだと思う。

絶飲続いてるから
「水飲みたい」とかもなかったしねぇ…。

何より寝返り以外動けなかったしなw

★卵巣嚢腫摘出記【4】

→3月11日はハラキリの日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝6時起床。
睡眠薬を飲んでなくても
私の日々の寝覚めは悪いので(笑)
30分くらいボーっとして過ごす(;´Д`)
絶飲絶食なので、やること無いしなー。

5時過ぎに家を出てきた、母親到着w
看護師さんに促されて
血栓防止用の靴下を履いてみる。
フォルムは全く白タイツの王子様となる。

この靴下、締まりすぎてて
キツイって言うより、痛いってレベルだ…。
(私はストッキングが嫌いなので余計)

そして、スーパーモズレータイム到来★
浣腸プレイタイムとなったわけですが(;´Д`)

「昨日の下剤の(便意?)済ませてありますか?」
「お腹痛くなったけど、寝てました」
「え… あの下剤効かなかったの?!?!?!?!!」

という、会話でフラグ立ってたのか

「液入れた後すぐには済ませないで」
「すぐにしちゃうと液だけ出ちゃうから、
腹痛はなるべく我慢してから、スッキリね!」
「そしてかなりお腹痛くなるから
注入したら、即トイレで待機しましょう」

てーな、注意を受けまして…。
狭いトイレ中、ドアに向かって立つワタシ。

この病院、手術室11位有るんだ。
でもって婦人科は手術曜日決まってるんだ。

何かトイレの個室アチコチから聞こえる
地獄の底から響くよな、呻き声が…。

そんな中、相変わらず
狭いトイレ中、ドアに向かって立つワタシ。

「モズレーはこんなコトして楽しいのかねぇ…」
(※モズレーはSM趣味でありますが、
  コチラの趣味を嗜んでるかは解りません)
「ずっとドアと睨めっこしてるって、嘆きの壁かい!」

あれ?!?!!
痛くならない((((((;゚Д゚)))))

トイレ内に籠もってるの寒いなぁ…
つーか、時計無いけど5分くらい経ったような?
かといって、スタッフステーションまで
歩いて聞きに行く勇気はないw
途中のエンジンブローなんて最悪だし('A`)

と、云う次第で…。
無痛のまま、儀式を済ます(爆)

その後、ステーションまで歩いていき
顔合わす看護師さんに、聞いて回りました_| ̄|○

「今日手術の者なのですがッ」
「浣腸が効きませんでしたッッッ(泣)」

結果、消化器系の手術じゃないので
「出ればいーんです(`・ω・´)b」という
太鼓判を戴いたのですが…。
「時々居るんですよね、そう言う体質の人」
って!!! 体質なんですか、コレ(爆)

そして、手術着に着替えて、
待ちであります。手術着寒いねーと
布団かぶったら眠くなってきたぞ(;´Д`)
むにゃむにゃむにゃ★









と、ストレッチャー到着★
いよいよハラキリカウントダウンですなぁ。

ここの病院、手術室は新築された
別棟の別階にあるので、結構廊下を移動。
仰向けで蛍光灯見ながらの移動って
なんか酔いそうになりながら…

別棟の手術部入り口で、家族とはお別れ

「じゃあね!」

って手を振ったら、看護師さんが噴いたw
お陰で何と言って別れたら良かったのかと
今も考えてます(;´Д`)ウムゥ(笑)

◆◆◆

手術部の中は、人でごった返してた。

そりゃーそうか…
手術室が11もあれば、患者一人に
麻酔医に看護師に立ち会いの先生に…で
軽く50人は越えますもんねぇ(;´Д`)

物珍しいので、ストレッチャー上で
上半身持ち上げて、キョロキョロしてたら
看護師さんに「興味津々だね」と言われるw
そりゃあそうだ。滅多に見ない光景だし!!

やっとワタシの受付の順番が来る。
「昨日ご挨拶に行きました、麻酔担当の●●ですー」
「手術室の××です~、覚えてますか?」
「私たちが一緒に手術室に入りますねー」

はいはい、覚えてますともw

では、満を持して行きますか…ね。

「あのー、麻酔の点滴をされる方に、
昨日私の腕から採血したお医者様より
伝言があります。いいですか?」

「何でしょう?」

「明日、点滴する担当大変だな…」だ、そうです。

「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
「腕ッ! 見せて貰って良いですかッッッ!!」
「大丈夫、何とかなる! 何とかする!!!」

|-`).。oO(よし、脅しはOK(`・ω・´)

「では、術前の最終確認をします」
「お名前は?」→「やくにです」
「病名と手術部位を言って下さい」
→「右卵巣腫瘍で、付属器切除のハズ」

そんなやり取りをして、
いよいよ手術室に入りました(;´Д`)

★手術室の感想

●広い!! ものスゲー広かったw
私なんてこの広い手術室の片隅で
 1/3とか1/4のスペースで
 ちまっと手術みたいな。

●でもって、流石建て替えた新棟!!!!
 物凄く設備が新しかったというか…(;´Д`)
 ドラマで良く見る手術室の照明って
 「無影灯」言うんだっけか?
 アレがメタリックでギラギラしてるのではなく
 70年代SFとか、セルロイドの玩具みたいな
 ツルンとした曲線美のプラスチックになってる!
 何かエヴァの使徒みたい…(爆)
 (調べたらサハクィエルだそうな)

手術台には、自力で移動。

手術着は軽くはぎ取られて
心電図だの血中酸素計だの
酸素マスクだの点滴などを装着。
血栓防止器具も此処だったっけかなぁ?

此処で主治医の先生が登場★
おお、みんな青緑の手術服なのに
主治医(執刀医?)は、青い色なんだな!!!!
なんか坊さんの袈裟の色の階級みたいだ!!!

「はい、これから手術を始めます」
「もう一度聞きます。何処を切りますか」
「右の卵巣です」
「OK。そうです」

「では、点滴から麻酔が入ります」
「すぐ眠くなりますからねー」

私は、頭上の電光掲示板を見る。
ここには現在時刻と、手術にかかった
時間が表示される、タイミングモニタが
有るので御座います(`・ω・´)

只今の時間は、10時45分ちょっと。

ここで、3/3に説明された
【最良の場合】と【最悪の場合】の
説明を反芻して、噛みしめる。

最良の場合は、卵巣腫瘍だけの切除。
ただし術中迅速診断で病理検査をするため
それにかかる時間が、1時間+アルファ。
従って、回復室から出るのを含めて
約2~3時間の手術。

迅速診断で悪性なら、子宮から何から全摘。
これは6~8時間かかる手術になる。

10時45分
10時45分
10時45分............

左手首から、チリチリと焼けるような
熱を持った感覚の液体が、流れてきた。

左腕、胸、喉、右肩、右腕........

そのチリチリした感覚が
右の指先に達する前に、私は墜ちた。

まな板の上の、トド発進★

◆◆◆







◆◆◆

ピッ ピッ ピッ ピッ ピッ......

心電図の音が聞こえる。

「やくにさーん、聞こえますかー」
「手術終わりましたよー」

うん、聞こえた(笑)
酸素マスクの所為か声は出せないが
電光掲示板で、時間チェック!!!

時間は、1時ちょっと。
1時ちょっと前だったかもしれない。

麻酔で墜ちたのが10時45分だから
腹切り始めが11時としても、
目覚めまで2時間くらい…ですかね?!?!?!!

よっしゃ、迅速診断良性!

子宮とか内臓切られずに済んだと
心の中で、軽くガッツポーズをして(笑)
麻酔により再び墜ちるwww

次に目覚めたのは、術後回復室。
ここには時計がないので、何時かワカランw

でも、目覚めたら
腹の上をカッターナイフで
ピーーーーっと皮を切られてるような
生々しく鋭い痛みがあるんですが!!

「痛いですかー?」

声が出ないので、頷く(;´Д`)

「ではこのボタンを押して下さい~」

と、麻酔薬注入ボタンを握らされる

「ぎゅーっと押して!」
「そうそう!!」

おお! 痛みが消えていく!!!!!
(そしてまた眠る/オイ)

(そして起こされる/当然)
「大分回復してきたから、
病棟の看護師さん呼びますねー」

「苦しい所はないですかー」

「熱いです」←喋れたw

「暑い?!」
「うん」
「電気毛布ずらすか…」

電気毛布かけられてたのかい!!!!
※麻酔中は体温維持出来ないらしい。
 が、私は電気毛布/ホットカーペットの
 類が大嫌いなんだな(笑)

程なくして、病棟の看護師さんが登場。
私が入院してる病棟に戻ったのは
午後2時前のコトで御座いました(;´Д`)
でもまだ、半覚醒状態?っすな。
ねーむーいーーーーー。

「では、ベッドに移動しますからねー」

看護師さん6人くらいで、
ストレッチャーに敷かれてた布の端を持って
よいしょっと、トド@私はベッドに移される。

「下の布を抜きます-、腰をちょっと移動出来ますかー」

※ひょいっと腰を上げる私

「…腰、上がるんだ…」

「背中の布を引きます、肩上がりますかー」

※寝返りで横を向く私

「…横、向けるんだ…」

「気持ち悪くありませんかー」

「ぜんぜん」

「ここが何処か解りますか~」

「旧病棟の●08号室第三ベッド…」

「Σ(|| ゚Д゚)!!!!!」
「私の内線電話の内容、聞いてました?」

「はい(´・ω・`)」

そうw
私は行きはストレッチャーに乗って
●10号室から手術へ旅立ったのです(笑)

戻ってくる病室が変わるよと
電話連絡受けた看護師さんの会話を
意識朦朧と傍受してたわけでございますな。
壁に耳あり障子に目ありでございます(;´Д`)

イヤな患者だなw

◆◆◆

患者がまだ人の会話は傍受出来てもw
意識朦朧・麻酔でトロトロしてるため
手術の概要は、母親が聞きました。
ここからは、私も又聞きでございます(笑)

私の卵巣腫瘍は、何処と癒着することもなく
体内に手を入れたら、すっとすくえたそうです。
何その水槽から豆腐一丁みたいな話w
私の腹は、町の豆腐屋か!!!!

MRIやPETで見た際は、9.5cmでしたが
それは腹肉と内臓でひしめいて居たためで
取りだしてみると、もっと大きかった。
そして、右の卵巣は残せず、全摘しました。
やはり卵巣は腫瘍で引きちぎられてたそうな。

腫瘍は立ち会いの先生と、
近くにいた別の婦人科の先生と
3人の医師の目で、見た目典型的な良性。
術中迅速診断でも、良性の判定を受け
さっさとお腹を閉じる。実質的な手術時間は
1時間30分以内・何もトラブル無しでした!!!!
だ、そうです。

そして僕が腫瘍切りましたッ(`・ω・´)ノ
…と、研修医君が名乗り出たそうですよ(笑)

そうだよな!
簡単な手術から経験積んで
明日の医学を背負っていってくれ(`・ω・´)ノ

◆◆◆

で。手術日当日。
私は自分がミスったことに気付いた。
小さいベッドサイドの時計を忘れてきたのだ。

2時に病室に戻ったのは解ったんだけど
それからの時間の経ち方が、さっぱり不明。

身体には、心電図計・酸素計に酸素マスク。
点滴のチューブには、麻酔薬の管と
その麻酔をブーストするボタンの管がついてる。
そして私の腹からはドレーン管が出てて
体液を貯める袋がぶら下がってて
最下部にはお約束の、尿管。

両足には、血栓防止装置。
ダース・ベイダーの様にシュコー・シュコー
言いながら、マッチョなダッコちゃんが
足を抱きしめながら空気マッサージしてる。

えーっと…

心電図=2本
酸素計=1本
酸素マスク=1本
点滴=1本
ブーストボタンの管=1本
ドレーン=1本
尿管=1本
血栓防止装置=両足だから2本

要は計10本の紐とか管が
私の身体から出ているわけですな~('A`)
何というマリオネットも真っ青状態!!!!!

腸の癒着を防ぐために寝返りしろって
寝返りの度に、配線が絡むんですけど(泣)
デスクトップパソコンの裏じゃあるまいし_| ̄|○

それでもじゃらじゃらと寝返りする。
癒着は小沢と西松建設だけで充分だし。

で、まだ麻酔切れきってないので
意識しないうちに、うとうとしてるらしい。

でも、この配線下で
管とか線を引き連れつつも
寝返り打ってる辺りでお解りのように

全然傷が痛くないw

そりゃあ、急に動くと
どーーーんって鈍い痛み有るけど
安静にしている分には、マジでいたくない。
IV-PCAバンザイ(*゚∀゚)=3

しか~も
全身麻酔副作用の吐き気とかも、無い。
無い無い無い。全く無い!!!!!!!!!!

そう。
私は術後にケロッとしていた。
単に眠い人だった。

あまりにケロッとしているため
母親は付き添いせず、4時に帰宅した(爆笑)

暫くすると、向かいのベッドに
朝、浣腸なトイレで時を共にした筈の
手術同期の方が、戻って来た。

彼女は気持ち悪い、気持ち悪いと
一晩中吐き続けていた。

何か申し訳なくなった。

◆◆◆

この日は殆ど睡眠という
カタチでは、寝られませんでした。

麻酔のウツラウツラと覚醒を
交互に繰り返していた感どだったので
【寝た】という気分にはなりませんでした。

だいたい、ダース・ベイダーが
シュコー・シュコーと鼻息荒く両足に
抱きついてる状況下で、寝られるもんかw

その割にウトウトしてる時に
左手に握らされてるブーストボタンを
落として、配線の絡みで拾えなくなって
ナースコール2回ほどしちゃったけどな(;´Д`)
看護師さん、マジスンマセン_| ̄|○

★卵巣嚢腫摘出記【3】

→入院しますた(・∀・)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3/3[水]夜の、術前説明時に
「1週間の最短退院を目指しましょう(・∀・)」
やれば出来る、なせばなる!! 的な意気込みと
盛り上がりを見せてた、主治医様ですがw

提示された入院期間は2週間だったため、
ワタシ的には、術後10日くらい入院だな~と
会社に申告。退院後の回復期を含めて
お休みを戴いて参りました(;´Д`)

でも、割とこの1ヶ月は地獄…。
世の中不景気の癖に、2月から忙しかった上
仕事の引き継ぎが上手くイカンでな( ´_ゝ`)
結局、3/16までの仕事を全部
片付けてから、3/10に入院となりました。

お陰さんで、この3週間
慢性疲労症候群由来と思われる
37.3度の微熱が出っぱなしという
割と悪い塩梅で、入院日を迎える(笑)

しかも、こんな時に足の巻き爪も
化膿して膿みそうであるw

そ~んな私の間の悪さに
「何でそーなるの!」と、呆れ気味の親様に

「どうせ腹切るんだから、抗生物質とか
投与されるだろうし、向こうは化膿傷のプロ」
「ちゃんと入院中に治るよきっとw」

な~んて豪語していたら、
入院前に巻き爪落ち着いちゃったんだけどさw

それより奥さん!!
入院前日の3/9の夜は、関東地方大雪ですよ!
10~15cmも積もりやがりました((((((;゚Д゚)))))

我が家から、入院先まで
高速道路を使って、1時間40分程度。
下道使っても、小2時間の距離なのですが…。

高速道路、通行止め!

…と云うことで、
予定外の早朝に叩き起こされる(爆)

それでも3時間あれば付くだろう思ったら

病院まで5時間かかる(爆)

そう、ワタクシは
入院初日に、盛大な遅刻を
かましましたのでございますよ…_| ̄|○

でもってさ…
5時間、車にカンズメにされて
病院に着いた頃には、ヘトヘト疲労困憊。
しかも派手な遅刻登場をしたので
「雪で来られなかった患者さん」として
病棟内スタッフに存在を刻まれる有様だぜ!!

顔合わせる人みんなに
「大変でしたね~」と言われてさ。

「何かもう、病院に来るのに大変すぎて
手術終わっちゃったような、達成感ですよー」
「きっと私の腫瘍はもう消えてますね!!」
な~んて、切り返していたのですが( ´_ゝ`)

看護師1(・∀・)「ない」
看護師2(・∀・)「ない」
研修医(・∀・)「それはない!」

くっ…!!!!!
皆さん、にこやかに素晴らしい切り返しッ!!!!!!
この病院の方々は、人間が出来てるッ!!!!!!!

そして付き添いの親と引き離されて
別室に連れて行かれるワタシ。
ここで看護師さんの、再問診?確認?開始。

何故別室に
患者1人で連れて行かれると言うと
「親や旦那の前では、喫煙歴とか
妊娠出産歴をサバ読む人が居るから」
という、理由らしいのですが…
(女性心理だねぇ)

「正直に話してね!」という
真摯な眼差しの看護師さんに向かって
(しかも美人だ。たまんねー!!!!)

一語一句嘘は無いですよ?
聖書に手を乗せ、胸に手を当てて
宣誓しても構いません


仏 教 徒 だ け ど w

という、高田純次ばりの
誠意のないコトを言ってました( ´_ゝ`)

看護師さん
「やくにさんって、面白い人ですねぇ~(笑)」

よっしゃ・・・・・!!!!!
掴みはOK! 打ち解けたぜ(`・ω・´)=3

その後は至って、スムーズな
入院ライフとなりましたとさ(*´Д`)ハアハア

◆◆◆

その後は、病室に入りまして
入院手続きに署名したり、腫瘍の献体?に
同意しますかとか、署名したりetc.etc.
ペーパーワークで過ごします(笑)

私の主治医が、外来診察中のため
手術手順や入院治療の再説明は
若手のお医者さんが、代打の代打で登場(笑)

本来、主治医に付いて
私のオペに立ち会うお医者さんが
手術手順や入院治療の再説明するらしいけど
(この病院では最低3人でオペするらしい)
今日は院内に居ないのだとか…。
まっこと大学病院は忙しいのぅ(ヽ´ω`)

そして、10枚くらい書類を渡され
「今説明したことが書面になってますので
良く読んで、サインをお願いします」
「夕方~夜に、回収にきますので、それまでに」
と、戻られていきました。

そして、発見ですよw
内部資料をwww

サインをお願いと渡された紙の中に、
【この患者にはどれくらいリスクが有るか】
【どんな(悪い)経過が予想されるか】てーな
スタッフ資料みたいのが、紛れてたのだ!!
なんつーか、通信簿みたいなヤツ(笑)

それを良く読んでみると
私の手術リスクは、危険度5段階で【4】★
マジに手術向かないタイプじゃねーかwww

巨デヴだから?と、思ってみたら
その内部資料によると、単なるデヴは
【危険度1】に分類されてました…。
\(^o^)/ナンテコッタ!!!!
問題は、主治医が言ってた、血栓の方だな…。

※この通信簿を読んだ時点では
 この書類がスタッフ用のモノとは知らず
 こんな医学用語満載の怖いコト書いてある
 書類も読ませるのか~程度に思ってたのですが。
 夕方、書類を回収に来た、代打の代打先生が
 「あぁ!! 僕これまで置いて行っちゃったんだ…」
 と、仰ってたので(爆笑) 内部資料だったと発覚w

そして、入院する際に提示された書類には

ワタクシの病名は
【卵巣腫瘍】
治療は
【右付属器切除(右卵巣全摘)】
入院期間は
【2週間】

と、書かれてあったのでした(;´Д`)
よっしゃ、覚悟決め切ったッ★

もう、まな板の上のトドだぜ!

◆◆◆

この後は、剃毛プレイ+下剤(;´Д`)
翌朝浣腸とマックス・モズレーのターン!!!
本日21時より、絶飲絶食ッス。

術前によく眠れるようにと
睡眠薬も出されたんですが(;´Д`)
何せ私は、眠剤を飲んだことが無いため…
ちょっといぶかしげに錠剤を見る。

「…これ、飲まなきゃダメですか?」と
看護師さんに聞くと
「皆さん怖がられるんですよねぇ~」
「でもそれ、一番弱い導入剤だから
依存とか無いですよ~」と、朗らかに応える。


「いえ、怖いのは依存とかじゃなくて(´・ω・`)」
「私、風邪薬で死ぬ程眠くなるんです(´・ω・`)」
「風邪薬の主成分は、貴様寝て休めって
そう言う成分なんだと思うくらいに(´・ω・`)」
「明日6時から、手術の準備ですよね?(´・ω・`)」
「飲んだら起きられる気がしない…(´・ω・`)」

看護師
「起こすから! 寝てても起こすから!!!!」
「寝てられてたら困るんで、起こすから!!!!!」


「だったら面白そうなので飲んでみる(`・ω・´)」

と、同意したモノの…
外来診察が終わって、夜に巡回してきた
主治医様の術前問診の際に

主治医
「ご気分如何ですか~」


「もう、此処まで来たら
まな板の上のトドでございますよ(`・ω・´)」
「腹の中は、開けてビックリ玉手箱
丁半バクチってーな気分ですかねぇw」

主治医
「僕はビックリしたくないw」


「ですよねーw」

主治医
「あ、睡眠薬出されたんだ」


「はい」
「いい経験だから飲んでみようと思ってます」

主治医
「別に飲まなくても平気だよ」
「今日眠れなくても、明日は
術中に全身麻酔でぐっすりだしw」


ですよねーwww

・・・・・・・・( ´_ゝ`)
そろそろ主治医様と阿吽の呼吸で?!
ギャグの応酬が出来るようになってきたw

主治医
「では、明日は頑張りましょう★」
「手術の翌日から立って歩かされるよ~」
「1階別病棟のコンビニまで頑張って行こうw」


「ちょw コンビニはまだ無理でしょ…」
(マジレス)

主治医
(・∀・)ニヤニヤ

うむ、実に和やかな風景…(;´Д`)
緊張感もナニもありゃしません(;´Д`)

◆◆◆

尚、件の睡眠薬は…
今朝、大雪の影響で早くに起こされたため
夜9時にはどうしようもないほど眠くなりまして。
眠いのに睡眠薬の必要あるか~ヽ(`Д´)ノ
と、飲みませんでした(爆笑)

夜中、下剤による腹痛で目が覚めても
私自身は眠く、トイレに行くのが面倒だったため
そのまま二度寝したら

翌朝、看護師さんに
「あの下剤飲んで出なかったの?!?!!」と
驚かれた挙げ句、二度寝したことにも驚かれ


以後、入院中
ずっと、どんな事が有ろうとも

やくにさん、眠れない様なら
眠剤お出ししましょうか?
という、医師も看護師も
現れませんでしたとさ(;´Д`)

★卵巣嚢腫摘出記【2】

→入院するまでのエトセトラ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2/25[木]
★MRI検査

予約は99時99分…(笑)
実際は昼12時ちょっと前にMRIに突入!

私は血管が判りづらいタイプなので
造影剤入れる時、看護士さん涙目的な…
すんません、マジでスンマセン_| ̄|○

腹の上に、重い枕みたいのを乗せられ
背中は一面ビニール+プラスチックに乗せられ
細い筒状の器具に入れられるため
カナーーーリ蒸し焼きにされた感ありw
そして、耳栓してても五月蠅いよな、MRI。

3/1[月]
★麻酔科の説明と検査
★婦人科にて、血液検査とMRIの答え合わせ。

麻酔科の待合室にて、
硬膜外麻酔や全身麻酔のビデオを見せられる。

手術が決まって2週間程経ってるので、
硬膜外麻酔があれば術後の痛みがカナーリ楽!
云う知識は有ったので、しげしげと見てた。

そして、驚愕の事実が2つ(笑)

(1)
麻酔の量決めるからと
精密な体重計で重さを計ったら
2週間、ご飯100gとか
春雨ヌードル食べてたのに!!!!!!!!!!

誤差の範囲でしか
体重が減って無かった


(2)
硬膜外麻酔はやらないそうな
\(^o^)/

◆◆◆

そして、そのカルテを持って婦人科へ。
主治医様と2度目のご対面~。

取り敢えず、全開来た時の
腫瘍が癌がどうかを調べる指標の
《血液の腫瘍マーカー》と《MRI画像検査》の
結果発表をされる事になる(;´Д`)ハアハア

★★残念なお知らせが2つ★★

●MRIでも血液検査でも
 良性か悪性かはハッキリしなかった!!

その点も含めて、主治医殿は
腹腔鏡(肉が厚くて私には無理だが/笑)より
開腹で、腫瘍を漏らさず割らず丁寧に
人の手で取り出すことを薦めるケース言われる。

悪性なのに割れて飛び散ると
お腹の中全部に悪の子種撒くみたいな(爆)
ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。

てか、デヴで腹腔鏡選べないんだから
どのみち開腹手術なんだけどなw

まだハッキリしないけど
私の中の9.5cmのお名前は
【成熟嚢胞性奇形腫】を疑ってるらしい。
但し、恐らく。
画像でも腫瘍マーカーでも
ハッキリしないっぽいんだけど…(;´Д`)

私には半ば確信があったw
まあ、最初の発見・全身PET検査時に
「良性と思われる」なーんて書かれてた
所為も有るんだけどさ(;´Д`)ハアハア

この日の診察を終わって
会計を済ませてる時に思いだした。

主治医、癌の腫瘍マーカー数値を
診察中に私にヒトコトも言ってねぇwww

癌数値がずば抜けてアレだったら
死んでも伝え忘れないだろう云う事で(オイ)
大したことない数値=【成熟嚢胞性奇形腫】
てーな判断材料なんだろうと予測して、
面倒臭いからそのまま帰宅(爆)

●でもって、MRIでの残念なお知らせ。

初診時、若いし未婚だからと
卵巣は出来るだけ残しますってーな
お話しで御座いましたが(;´Д`)

腫瘍が出来た場所が、卵管と卵巣の付け根。
9.5cmがブチッと、卵工場と卵管を引きちぎってた。
卵巣--腫瘍卵管腫瘍--卵巣 ←こんな感じに。

開腹手術して目視で卵管と卵巣が
繋がってる部分があれば、残すけれども…
恐らく、この卵巣はもう機能できないでしょうと。
多分、全摘になります! ですと。
/(^o^)\

まあ、機能しないんじゃ仕方ねぇ('A`)
隻眼片腕丹下左ゼン━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
的なモノだと思っておこうかね(オイ)

◆◆◆

てな、一通りの診断を得て
この後、主治医と談笑タイムとなりました。


「麻酔科で硬膜外麻酔やらないって
話聞いた時は、ビックリしました~(;´Д`)」
「やっぱ手術痛いッスか?」

主治医
「ウチはもう硬膜外やってないんだよね」
「IV-PCAって方法で痛み取るよ!」
「痛いと思ったら、自分でボタン押して、
痛み止め麻酔が身体に入れる方法です」


|-`).。oO(麻酔ブーストボタン?
|-`).。oO(要はオーバーテイクボタンだなw

主治医
「実はね、全然手術の心配してなくてさ
どっちかというと、手術後の心配してるんだよね」
「やくにさん、手術に体質が向かないんだよ」


「巨デヴだからですか?!」

主治医
「;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ」
「いや、ふくよかな方は傷治りづらいとか
有るんだけど、そうじゃなくて、血栓ができやすい」
「エコノミークラス症候群って知ってる?」


「あー、肺血栓症…ですか」

主治医
「そう。そう言う体質なんです」


「それ、ためしてガッテンの血液サラサラ
タマネギ食べれば何とかなりますかね?」

主治医
「;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ」
「いや、体質、だからねぇ…」
※私・注釈
 血液凝固因子の問題かも知らん。
 良く聞かなかったけど(ヲイ)


「じゃ、頑張って下さい」

主治医
「…はいっ?」


「私にはどうも出来そうにないんなら
先生が頑張って下さい(鬼)」

主治医
「(ずるっ)」


「それと、もう一つ残念なお知らせがw」

主治医
「何ですか?Σ(|| ゚Д゚)!」


「私、自分の身体にメス入れて縫ったの
親不知を切開して抜いた時だけなんですが…」
「処置後1週間の、歯科医の言葉を授けます★」

「術後1週間経ちますが
普通の人の3日分しか
回復してません…ね」


「…だそうなので、頑張って下さい(笑)」

(・∀・)ニヤニヤ

主治医
「_| ̄|○」

後の看護士さん
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ

主治医
「解りました、手術では
工夫して考えてみます~(;´Д`)」


「Σ(* ゚Д゚)?!?!?!!」
|-`).。oO(脅してみるモンだな!!!!!

◆◆◆

これで、手術前の診療は終わり(笑)
スッゴイあっさり+和やかなモノでしたわ…。

まあそれは、私の肝が据わってて
「死ぬ時は死ぬ時だ~」的な
深く物事を考えない派だったというか(;´Д`)

基本、楽天家であり
困難にぶつかるほど開き直る的な
イヤな性癖持ってる所為なんだけどね。

それでも、ネット調べ回って
知識入れたりは、スッゲーしましたよ。
不安になることが無い! とまでは、
達観出来なかったしなw

この後は、入院の説明を
看護士さんから、あらかた受けまして、
次に病院に行く時は、家族と一緒。

私の仕事と、主治医の診察が終わった後
夜の7-8時に入院病棟の一室で
家族を交えた、インフォームド・コンセントが
3/3のひな祭りに行われたのでした。
なんつー女の子の祭りという皮肉( ´_ゝ`)

因みに、インフォームド・コンセントは
腫瘍が良性か悪性か、まだ解らない私は
《最悪悪性だった時の処置》まで語られるため
親が超ビビって弱っていた件(;´Д`)

悪性=即=子宮広範全摘除術だからな…。
しかも私は、イトコを卵巣癌で亡くしているしね。
親はその事がフラッシュバックしてたらしい。

駄菓子菓子!
ワタシは相変わらずでしたがなw

( ´∀`)ノセンセー!!!
この前の診療で、腫瘍マーカー数値を
聞いてないんだけど、どうせ大した
数字なんて出てないんでしょ?
…的に、把握に努めてたりはしたけどさw

※ちと高い程度でした。
 これは奇形腫にはありがちな数値。

そして、傷口くっつかない
ジュクジュクタイプと思われるワタシは
腹に傷口が1つ増えてしまうけれども
ドレーンという管を腹腔内に刺して、
膿とか体液を排出するそうな。

ああ、アニマルプラネットの
緊急救命獣医で、ピーターソン先生が
良くやってた、あの管ですかい…(;´Д`)
見た目は凄く痛々しいんだよな、アレw
傷口の経過が良くなるそうであるw

★そしてこの日も悲しいお知らせ

主治医
「切り口は縦斬りです」
「恐らくヘソ上まで切ることになるかな」
「ヘソはこうやって避けます」
(と、点線を書くw)


「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
「目立たない横切りじゃないの~(泣)」

主治医
「横切りじゃ手が入りません(肉で)」


「デヴ・ダメ・絶対! ってコトですか_| ̄|○」
「デヴは服も手術形式も選べないのだな…」


「手術後ダイエットしか無いな」


「だな」

主治医
「僕はノーコメントw」

いやまあ、本当にデヴはイイコトねぇやw

◆◆◆

尚、3/1の婦人科診察の際、
入院時に、内科で常時飲んでる薬を
持ってこいと言われたのですが…
「漢方薬の生薬(液)ですよ?」と答えたら
それは無理不能と云う事だったので(爆笑)

診察終わってから、別フロアの
漢方の主治医に予約外で顔を出して
「手術決まったので、入院お手盛りセットくれ!」
…と、生薬の粉薬を出して貰いました。

この頃は、発熱と指の浮腫が酷く
《浮腫と補気の生薬》を、飲んでいたのですが
手術前後に飲むと、いい結果が出るってな
論文?が出てるらしい
【補中益気湯(ツムラ41番)】へと、チェンジ!!

いや~(・∀・)
婦人科、遠いからって
近所の病院に転院しなくて良かった~!!

手術前には、漢方の主治医と
婦人科の主治医が話し合ってくれて
方針決めてくれた見たいですわ。

有難いことです( -人- )

★卵巣嚢腫摘出記【1】

→初めての婦人科

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

慢性疲労症候群になりまして、5年?!?!!
やっとこさ、関節痛or筋肉痛のコンボからは
解放されつつ有りましたが(;´Д`)

37.2度程の微熱がしつこく消えず、
検査の度に上がる、炎症反応CRP値と共に
手の指が腫れて握れなくなる症状が続き
地元に出張して来ていた主治医が所属してる
大学病院の「発熱外来」的な存在で、且つ
膠原病にも詳しい先生に、紹介状が書かれて
県下の中核病院に差し戻されたのが
2009年の日本GP明けて、間もない頃でしたw

お陰様で09年の鈴鹿は
「膠原病疑い」と、ビクビクしてたのでw
割と徹底的に日差しを避けてたのですが('A`)
検査の結果、指の腫れは膠原病ではなく
太陽に当たると「皮膚に水疱が出る体質」てな
診断が下るのは、その2ヶ月ほど後(笑)

だけども、その間も上がり続ける炎症反応!
その数値と比例して上がる肝臓の数値!!!!!!!!!

てーな次第で
お前デヴだから
軽い脂肪肝だとは思うけど
炎症反応が肝臓由来だと怖いから
一度検査してみようじゃないか!

という、お話しになり(;´Д`)

2010年の初頭にですな
全身PET検査という、基本癌検診に
使うような検査機器を通りましてデスね…。
案の上の「フォアグラ@脂肪肝」の下に
ミヨイクログロと映る物体が発見されたのが
今年の2/12の金曜日でございました(笑)

しかし、このミヨイクログロがでかい!!!!!
私は巨デヴだけど、その肉と脂の厚みで
ひしめく内臓の中の半分くらいは厚み有る?!?!!

先生がPCのものさしツールで計ると
その大きさ、既に9.5cm。自覚症状無し('A`)

それもその筈…
PET診断画像のモニターの横には
画像を鑑定した人の所見ではありますが
「右卵巣奇形腫(良性)だと思われます」
という、但し書きがされてございました(;´Д`)

流石は卵巣、名うての沈黙の臓器だぜ_| ̄|○
マジで自覚症状全く無かったよ(笑)

と、云う次第で
大学病院内の他科に紹介状が書かれ
早速週が明けての月曜日に、婦人科の門を叩く。

思い立ったが吉日ですよw
てか、最初に見せられたのが画像だからな!
あんなモンが腹の中に有って良いハズねぇwww
という勢いで、金曜判明→月曜初診てーな
勢い余った行動に出たわけですが。

その間の土・日で
インターネットを駆使致しまして
「奇形腫」と云う物が、どういう物で
どういう処置がされるのかを調べたため(;´Д`)

2/13日の土曜の段階で、会社には
「検査で見つかっちゃイカン物がでたので
十中八九は手術になります」と、上司に告知。
(はえぇよw)

そして週明け2/15の月曜日婦人科初診時にゃ
検査する前から、切る気満々だったという…
かなり変わった経路を辿りまして、
婦人科の主治医とご対面となりました( ´_ゝ`)

◆◆◆

しかし(´・ω・`)
産科・婦人科不足が言われている、昨今。

県の中核・大病院ともなれば
初診を待つ患者は、長蛇の列(((;゚Д゚))))
科内の待合室では席が足りず
廊下にまで患者さんが溢れてるんですけど!!!
という、大病院の洗礼を受ける。

やっと巡ってきた順番にて
診察室に入ったら、主治医様は
私のPET検査の画像とにらめっこしてました。


「でかいですよねー、それ」
「全然気付きませんでしたよ、マジで…」

主治医
「9.5cmありますねー(ものさしツール使用w)」
「でも、気付かないこと多いですから(キリッ」


「どうします、それ?」

主治医
「手術するしか無いですねー」


「開腹? 一応聞きますが、腹腔鏡出来ます?」

主治医
「腹腔鏡はふくよかな方はアームが届かな(ry」
(声/デクレッシェンド)


「俺の肉と脂が邪魔ならば仕方がない(キリッ」
「デヴってイイコトないっすねぇ…」

主治医
「傷の治りも悪いですしね」


「ΩΩΩ<ナンダッテーッ!!!!」
「それ、油で傷口が滑るから付かないの?」
(超理論)

主治医
「;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ」

※この時、私は
主治医の掴みはオッケー(`・ω・´)
と、打ち解けられることを確信する(笑)

主治医
「で、この後の診察の流れですが、
普通卵巣腫瘍はPET検査では種類が
判定出来ないため、通常の手順通りに
エコー検査とMRI検査をして戴きまして
ある程度の腫瘍特定作業を行います。
それから、術前検診や麻酔科で
アレルギーテスト等をして開腹手術になります」

「でも、どんなに検査をしても
卵巣の腫瘍は手術で取りだして
(病理検査の結果が出るまで)
良性か悪性か解らないのです」

「その為、手術中には
“術中迅速病理診断”という簡易病理検査を行い
それで悪性だった暁には、卵巣のみならず
子宮・大網・リンパ節の全摘出になる」

「そんな流れになります」


「その時、私寝てるんですよね?」

主治医
「はい?」


「術中迅速病理診断で、悪性だと言われて
色々な物まとめて摘出するときって
私、寝てるんですよね?」

主治医
「はい、途中で麻酔覚醒させて
取っても良いですか?とは聞きませんよw」


「ならばお先生に任せします(キリッ」
「好きにして下さい(おい)」

「で、手術は
最短で何時になりますかね?」

(F1開幕1ヶ月前だったので、早く済ませたいw)

主治医
「(ちょw)いや、簡単にスグ出来ませんから!!」
「MRIの予約とか、診断出るまでの時間とかあるし!
1ヶ月くらいはかかりますからッッッッ」

※と、パラパラ手帳を見る

「3/11か3/16日かなぁ......(´・ω・`)」


(ちっ! F1開幕直前か直後かよ!!)
「入院って、何日くらいかかるんですか?」

主治医
「開腹なので、10日~2週間ですねぇ」


(どっちみち開幕か第2戦見られないのか)
(3/16が下手に長引いたら、3戦もやばいな…)
   ↑良性か悪性か解らなかったため。

「よっしゃ、3/11でお願いします(`・ω・´)=3」

「私、この病院まで小2時間かかるので、
出来れば術前検診を同じ日に全部済ませたいな(鬼)」

主治医
「Σ(|| ゚Д゚)!!!!!」
「2時間もかかるんですか?!?!!」
「家からもっと近い病院で手術も出来ますよ?」

「えっと…●●病院とか」


「そこも1時間20分はかかりますね('A`)」

主治医
「県立がんセンター…」


「車で45~50分かな…」

主治医
「隣の県の××病院もやってたような?」


「隣の県ですかいなw」
「なんかあんまり変わらない気がしてきたのでw
もうこの病院で切っちゃいます。別の主治医も居るし
此処で発見されたし、何かの縁ですw」

主治医
「Σ(|| ゚Д゚)!!!!!」
「解りました」
「もしもし、MRI検査室ですか?
婦人科ですが、腫瘍の患者さんが来て
手術をすることになるため
何処かに検査出来ませんか?(←ねじ込んだ)」
「で、この後血液検査と心電図行って下さい」


「桶(`・ω・´)」

主治医
「では、こんな予定で動いて貰います」
「病院に来る日を出来るだけ減らして
検査日程まとめますねー」

と、手書きの予定表を渡される(感謝)

MRI検査の予約表には
2/25日99時99分と書かれてありました。
何という予約の限界までねじ込んだ結末ww

◆◆◆

実際、この主治医様とは
診察室でお会いしたのは、この後1回のみ。
私の会社が終わった後、夜の病院の一室で
家族と同意書を交わす為に1回という
計3回の顔合わせで、手術に至るのでした。

何という、冬のテストが規制されて
あっと言う間に開幕してしまった俺の腹状態w

セカンドオピニオン?
身体に負担かからない
腹腔鏡手術の道を探るべき?!
まあ、色々選択肢は有ったのだろうけど…

取り敢えず、最初に画像見ちゃったからねぇ。

おいらの腫瘍、ケツ側だったんだ。
膀胱よりも子宮よりも、下手すれば腸より
奥まった所に納まってたのですなぁ(;´Д`)
しかも、でっかく育ってたし
俺の腹肉もでっかく育ってるし(;´Д`)

マジでこの時の気分は
「俺の肉と脂が邪魔ならば仕方がない(キリッ」
「デヴってイイコトないっすねぇ…」
で、御座いました(爆笑)

そんな次第で、まあ
取り敢えず手術まで1ヶ月近くあるし

1ヶ月の手術前
ダイエットに励むことにする(爆)


昼の弁当は春雨ヌードル(`・ω・´)

千キャベツをシコタマ食べて
ご飯は1杯100gに計って食べるぜ!!!!
糖尿病食参考にしたぜっ(`・ω・´)

なーんか、努力の方向違う気もするがwww
これが私の初めての婦人科診療で御座いました。

プロフィール

やくに

  • Author:やくに


  • ログイン状態

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。